黙劇プレゼンツ

ちょっぴりをたっぷり。

寄稿してくれたすべての詩への感想。ワインを飲みながら、詩集「sea.」を読む。

おわ〜 なんだこのシンプルすぎる表紙は!詩集「sea.」 そう。我ながらシンプルすぎる表紙にしてしまった理由はいくつかあるのだ。 私の敬愛する作家、村上龍の「限りなく透明に近いブルー」、森博嗣の「スカイ・クロラ」の表紙の青をリスペクトして、なのだ…

文学フリマ東京35完了。感謝、よかった声、反省点、来れなかった人へ。

■感謝 文学フリマ東京35、無事終わりました。 黙劇プレゼンツのブースに来ていただいた皆様、 ありがとうございます。 来れなくても少なからず注目してくださったみなさまにも御礼申し上げます。 買う動機は人それぞれあったと思います。 ステッカーを電柱に…

今日よかったことを書いて寝るのを5日間やってみてわかったこと

カスな利益誘導ブログみたいなタイトルになってしまった…。 睡眠のリズムを整えるべく、日々過ごしているわけですが、 寝るということがこんなに難しいとは…と思う毎日です。 それでもいくつかのピースがあって、 この記事がそんな寝ることに悩んでいる人 に…

チェスをするように仕事をしたい。復職まであと半月。

雨が朝からずっと降っており、どんよりとした日が続く。 2杯目の珈琲でやっと頭が冴えてきた。 休職2ヶ月目に入り、崩れた睡眠習慣がだいぶ改善された。 12時ごろに寝、7時には起きるという習慣が定着できている。 3時まで寝れなかったのがデフォルトだ…

休職から半月、振り返る。

軽度うつってことで休職して、半月経った。 早いのか遅いのかよくわからないのが正直なところで、 ほぼ寝ていたり、ネットサーフィンをして時間を過ごしている。 曜日感覚も、だんだん取り戻しつつある。 振り返りもかねて、いろんなフェーズがあったので振…

傷病手当のタイミングをミスった話。休職するときに気をつけるお金のこと。

メンタルがきつくて休職する場合、いち早く職場を離れることが最初の一歩なのは言うまでもないからこそ、お金のことをちゃんと考える機会が失われてしまう。 これから休職を考えてる人、休職中の人、休職者が職場に出てしまった人にお金のことをちょっとでも…

トップガンという熱い映画について思ったこと。元気が出るポイントを少しだけ。

そういえば、父の部屋のCDラックには、トップガン(1986)のサウンドトラックがあったのを思い出した。父が乗っていたバイクはホンダだったけれど。 トップガン マーヴェリック(2022)をみた。シン・ウルトラマンを見てから、なにか、物足りなさを感じてい…

焦り・目的・働く。

焦り。 経過報告を兼ねて、カウンセリングをした。 ターミナル駅に併設したどこにでもあるファミレスには、高齢者が多く席に座っていた。 平日の昼間だもんね。ドリンクバーで珈琲が抽出されるのを待って、何を話そうかぼんやりと考える。 休職2週間目にして…

考えすぎ【ない】とはどういうことなのか。思考の遮断の仕方。

ボケーっとしていると、時間だけが過ぎていく。時間が過ぎていく焦燥感は、何にも代えがたい悪い意味のゾワゾワ感がある。日は、落ちてはのぼり、のぼっては落ちていく。 鬱は脳のケガのようなものだ、とクリニックの医者が言った。私の場合はケガの度合いで…

最良の処方箋は、ボーッとすること。心療内科の診断が出た。

ビクビクとしながら心療内科に入ると、予診表に記入をし、診察まで少し待った。このときの少しは、ほんの10分程度だと思う。その間に、3人くらいが診察室へ入り、出て行く。回転率がすごい、と思った。 薬だけ出されておわりなんていうビジネスなクリニック…

働く、ということの根はどこにあるのか?

産業医のカウンセリングが終わった。心療内科へ受診する際の注意点と、今後の休職予定を話し合った。産業医からはただちに休職に入るよう注意(アドバイス)され、心身の疲労を1日でも早く癒すように言われた。 チームにも休む旨を伝えて了承を得、チームは…

「戦争反対」や「核武装」に、「私」はいるのか。

大規模な案件で多くの人を動かした結果、大変だったね、という声よりも「失敗だった」という声をもらった。 「失敗・・・?」 「稼働率があがって大変だったよ。もうああいう仕事はやめてほしい」 じゃあ、あんたが7ケタ(100まんえん単位)の仕事もってこ…

電子ピアノとギターを売った話。

音楽は素晴らしいものだ、と思い買った電子ピアノとギターは、ホコリで白くなって毛が生えたようになっていた。 音楽を聴くことは、実はかなり高級なことだと思う。山の中にぽつんと置かれたとして、まず最初に人工的な音楽を聴きたい、と思うのが人の情なの…

仕事で泣いてしまう人へ。

外回りの打ち合わせから帰ってきた私は、会議をひと通り仕切り、今日の最後のメニュー。新人の個人面談を行った。 大方の、面談内容が終わり、今の不安な点を聞いてみたところ、直近の先輩がやめてしまうので不安です、ということだった。責任者は私ともう1…

クルマが納車されたらやりたいこと。10選。

クルマを買った。こだわりよりも維持費や、車両価格を優先して、中古の軽にした。毎日高速道路に乗るわけじゃないし、軽くてシンプルなクルマにした。何が納車されるかはお楽しみに。 本題。クルマがあると、いろんなことができると思う。 納車されたらどん…

バイクのある生活の終わり。

バイクは自由で、ガソリンくさくて、危なくて、速くて、そして孤独な乗り物だった。 社会人になって、一番最初の大きな買い物は、バイクだった。趣味という趣味もなく、ツーリングに行く社会人の真似事をして、その自由さに惹かれ、250ccのフルカウルを買っ…

書き続ける、ということ。

黙劇です。年の瀬で、いろんな人に会って、やや疲れていて、少し時間ができるとネットの海に潜りがちです。 休みに入った寝ぼけた頭で、ツイッターのタイムラインを見ていると、環和来さんの「書き続ける意義」という、エッセイを見た。 "文章を私が書き続け…

私は私である、という気持ちをどれだけ持てるか。

冬の入り口なのかしら、気温が下がるにしたがって、冬眠に入っていくクマのように、心の動きが遅くなっていく。手が、追いつかない。気がつくと未処理の長期的なプロジェクトがあぐらをかいていて、私はそれを横目で見ることしかできなかった。 職場では、ず…

エヴァンゲリオンという映画

みんな、思い出とエヴァンゲリオンをつなげすぎている。 エヴァとの思い出は居酒屋でやってください。 映画として、どうなんだ、というところがぜんぜん見えてこない気がする。 作品がたくさんあって、スピンオフがあって、とても長い時間がかかって、作品と…

転職と天職

とある社員が転職したい・・・というハナシを人づてに聞いた。 またこれか。引き止める気力よりも勝るのが、疲労感である。 まるで次々と起こる殺人事件に追われる刑事のようなため息が出る。 * 転職、すればいいじゃない。やってみなさいよ。と、私の本音…

なぜつらくなるんだろう?

管理者の会議がひと段落したあと、早く席を立とうと書類を整えていると、ある管理者が重い口を開いた。私の整える手が止まった。 「Aが会社がつらいと言っているんです。仕事はつらくないと。でも会社のやり方が許せないそうなんです」 下を向いたまま吐露し…

大人の前提

「BULLY」(2001)という映画で、子どもたちが人殺しをすることで、一気に「おふざけ」から「犯罪」になる過程を見た。それはとても、子どもにとっては残酷だし、大人にとっては当たり前のことだった。子どもという存在が、大人によって保障されている何かに…

なぜ、物語を求めるのか。読みたいのか。描こうとするのか。

こんばんは。今日は、春晴れともいうんでしょうか。 少し冷えるも、日差しのあたたかい日でした。 なぜ、人は物語を求めるのだろう? 漫画「sister.」(2019〜)を描いていると、いつもそんな気に囚(とら)われる。 こんなの描かなくたって、いい物語、感動…

会社帰りにバイクの不調で困っているおじさんを放置した話

月曜から残業である。 月初に思い出したように電話してくる相談の応酬と、年度末の残り火に焼かれていた。 ひとりで会社の門を閉めた。 愛車のカタナははやく帰ろうよと言わんばかりに、アイドリングしている。 少し冷えるなあと思い、ふと見ると普通よりも…

旅をしていますか。

みなさんこんにちは。 この前の記事で、100記事となりました。 101記事に何を書くべきか、迷っていました。 ずっとこの100記事で終わることができたら、 なんてキレイなんだろう、などと思っておりまして。 ––––旅を定義する距離は、はたしてあるのだろうか…

お酒と夜、お酒のない夜。

家にいることが多くなり、お酒を飲むことが多くなった。多くなったといっても、缶チューハイ350mlを1本飲むくらいで、最近、夜にお酒を飲む習慣ができていた。 お酒を飲むと気持ちいい。考えることを放棄して、溜飲でノドを鳴らす。 今日も、いつものグレー…

新聞の思い出

新聞を読んでいる人は、今どれくらいいるんだろう? 私が初めて新聞を認識したのは、たぶん6歳くらいだと思う。丸めて筒状にし、父や母とチャンバラをしていた。そんな遊び道具も、よく見れば生活の中に溶け込んでいた。雨の日の靴に丸めていれたり、爪を切…

「嫌い」ならその仕事をしなくていいのか。

こんばんは。 寒波到来。指先を揉む季節となりました。 嫌いな仕事がありますか。 そりゃありますとも。謝罪やら数字やら、どうにもならないプロジェクトをどうにかしなきゃいけないときだとか。 よく、「好きなことで生きていく」という人がいるけれど、ど…

消耗して、いい。

消耗は、悪いことなのだろうか。 そんな記事になっています。 「まだ●●で消耗してるの?」というフレーズがあるけれど、私もそれに惑わされていた1人だったかもしれない。 消耗は、いつも悪い意味で言われる。限りある体力、精神、願望、あらゆる資源が無く…

自由とセンス

こんばんは。風は冷え込んできて冬を感じつつ。 タイトなビジネスカジュアルの服を脱いで、オーバーサイズのティーシャツとズボンに履き替えたとき、すごく自由を感じた。 自分の仕事が終わり、職場を少し掃除して、帰宅したのは、9時過ぎ。 自由だー、と感…