黙劇プレゼンツ

ちょっぴりをたっぷり。

粗雑さ

   おじさんはなぜ粗雑なんだろう?

   いや、おじさんでなくてもおばさんでも、老いていくとなぜ粗雑になっていくのだろう?

   書類を放るとか、「要するに」しか言わなかったりとか、モノを音を立てて移動させるとか。

   体が言うことをきかなくなるというのはあると思う。老いるなかで、コントロールが効きにくくなってくるから、動作が大まかになってしまうのかな。

   決定的なのは焦りなんじゃないかなあ。

   自分の人生の時間がもうない、ってなったときに、そういう細かいことを気にしてられない!という思いもあるのかも。

   単純に「この方が合理的だ」と思っているからなのかもしれない。

   おじさんやおばさんではないのでよくわからない。

   名言っぽいことを言って得意気になってる人に「なぜ?」と聞くとあんまり答えてくれなかったりする。粗雑な知識を粗雑に言ってるだけだから。

   ここまで書いてきて、ぞくっとすることがある。

「粗雑な知識を粗雑に言ってる」

   これ、耳が痛い。完全に慢心だ。私も慢心バリバリヒューマンなときがあっていつも後悔する。

   粗雑が痛快なときもある。でもこれはギャンブルみたいなもので、粗雑さをどうなるかわからない状態にするツールにすることもある。

   こう書いてみると、案外、粗雑さも悪くないのかもしれない。

   ちなみに私はB型なので、粗雑さの素質はあるとおもう。   

   

広告を非表示にする