黙劇プレゼンツ

ちょっぴりをたっぷり。

ちょっぴりの保管庫

黙劇プレゼンツってなに

黙劇プレゼンツと聞いて思い浮かべるのは、たぶん一枚の画像にちょびちょびと私の雑な絵があって、バラバラと私の汚い字が並んでいるものでしょう。

 

ていうか、黙劇プレゼンツって何?と思われるかもしれませんが、そういうものがあるんですよ。ええ。

 

こういうの。

 

うわ、2年前…コーヒーにこだわってた頃です。なつかしひ。

最近フレンチプレスで飲んでないなあ。

 

ちょくちょく「黙劇プレゼンツ」を挿入している過去があります。

昨年の文フリに行った時、お知り合いのフォロワーさんへお配りしたはがきになど。

 

「文学なんか、ブン殴れ!」 と書かれたはがきをフォロワーさんに配っていたのは、何とか文フリに黙劇が買いに来ました!というのをメッセージしたかったのです。

(ちゃんと皆さんの本を買って読みました。大変面白かったです。また買います。)

 

イラストと文章をのせてメッセージっぽいことをしています。

 

基本的に、黙劇プレゼンツは、私黙劇からのプレゼントということで、黙劇プレゼンツと言っています。

 

私が日々気づいたこと・ものを、脈絡なく、だらだらと、書いていきます。

 

文字がメインとなるかもしれませんが、書きたくない時はイラスト一枚だけなんていう時があるかもわかりません。

 

「黙劇ノート」はどうなったの

黙劇ノートは私のエッセイ的な記事を投稿していたブログのことです。

今でも見れます。

moku-geki.hatenablog.com

 

ただ、ログインすることができなくなり、ただいま更新できないブログになっています。

※「黙劇ノート」は本にまとめる予定があります。文フリに出品するかも…?

 

更新できないのでそのままにしている状況です。すみません。

 

気になった方はぜひぜひお読みください。好き勝手、言ってます。

 

「ちょっぴりをたっぷり。」って何

 ちょっぴりなことでも書いていきたいなあという思いから。

 

 

Twitterでもいいじゃん

 確かに。そう。なんです、けど。

いちいちツイログから検索してもらうより、ある程度まとまったものが保管してあった方がいいかな、と思いましまし。まし。

あと、140字って意外と短いし、長文ツイートってあんまりね…。

 

ということで

引き続きよろしくお願いします。